幼児(1~6歳)

1歳の誕生日にすることは?選び取り・一升餅・誕生筆など

HAPPY BIRTHDAY
おめでたい1歳のお誕生日。
1歳の誕生日は昔から初誕生といい特別で、親戚や友人が集まり、みんなで赤ちゃんの初めての誕生日を祝うという習慣があります。

現在でも親戚は集まらないにしてもママやパパにとって1歳の誕生日は大きなイベントです。
1歳の誕生日には日本の伝統的な行事などがあり、一般的に行うことをいくつかご紹介いたします。

*スポンサーリンク*

日本伝統「一升餅」

「一升餅(いっしょうもち)」とは、1歳の誕生日に一升のお餅を赤ちゃんに背負わせるという日本のお祝い行事です。

ちなみに「一升」は約2kgで、「一生食べ物に困らないように」という願いが込められているそうです。
また、丸いお餅には「円満な人生を送れますように」という願いがあるそうです。

1歳の誕生日にはまだ上手に立てない赤ちゃんが多いですが、立てたら縁起がいい、転べば長く親元にいてくれるということでどちらでも良いとされています。
また、地域によっても少し違いがあり、わざと転ばせる地域もあるそうです。

ですからおじいちゃん・おばあちゃんに聞いてその地域の伝統を大切にし、お祝いできるようにすると良いですね。
また、一升餅は一般的に和菓子屋さんで販売しているものですが、現在はキャラクター付きのものなどもあり、インターネットでも販売しています。

風呂敷に包んで背負わせるのが一般的ですが、最近はリュックやケースも増えています。
思い出に残るように名前入りのリュックなどもあり、伝統の中にも「いまどき」を取り入れている方も多いようです。

選び取り

一升餅の他に、伝統的におこなわれるものとして選び取り(えらびとり)という行事があります。
これは赤ちゃんから離れた場所にものを並べ、赤ちゃんが一番最初に取ったもので将来を占うという行事です。

並べるものは地域によって違いますが、例えば「筆」なら芸術・文筆の才能があるとか、「お金」なら将来お金持ちになる・・・というように、ものから連想される職業や才能を占います。

決まったものでなくてもアイテムから連想される意味を想像し、楽しく占ってみましょう。

手形・足形

1歳の誕生日には、赤ちゃんの手形や足形をとることが多いです。

最近では手形キットなども多くあります。
赤ちゃんはまだおとなしく手形を押させてはくれないため、ぐっすり眠っている時をねらって押してみてください。

誕生筆

誕生筆はまだ一度もカットしたことがない命毛をカットし、筆を作るというものです。
1歳の誕生日にこの筆を作る方も多いと思いますが、一生に一度しか作ることができないので大切な記念品になることでしょう。

記念写真

1歳の誕生日には写真屋さんでお祝いの記念写真を撮る方も多いようです。
やはり1歳の誕生日は特別な日ですから、一生の記念としてかわいい写真を残したいですね。

編集後記

1歳の誕生日は一生の思い出にのこる行事です。
必ずしも伝統通りに行う必要はありませんが、せっかくなら昔からある伝統を取り入れ、それをアレンジして楽しい誕生日にしてください。

-幼児(1~6歳)

Copyright© Forever Mam , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.