妊婦全般

妊娠したら身につけたい可愛いマタニティーマーク

妊娠したら多くの女性がマタニティーマークを手にする方も多いと思いますが、それを使うか使わないかは自由です。

ネットでは、マタニティーマークをつける事に関して賛否両論の意見が飛び交っています。

そんな中、マタニティーマークを可愛くアレンジして、マタニティ生活を楽しんでいる方も多いんですよ。

マタニティーマークを身につける意味

マタニティーマークとは妊産婦を表すママと赤ちゃんの絵が描かれたマークの事で、周囲に妊婦であることを示しやすくするものです。

お腹の膨らみ方は人それぞれ、妊娠しても臨月までわからない人もいます。

そして妊娠して出産するまで、なんともない方もいれば、悪阻や頭痛、湿疹等体に様々な症状が出る方もいます。

安定期に入るまでは、特にお腹は目立つ事がなく妊娠しているのか分かりにくい時期でもあり、また、流産すやすい時期でもあります。

もし交通機関に乗る際マタニティマークをつけていれば、突然具合が悪くなり周囲に迷惑をかけたとしても、妊娠している事を分かれば、対処法が変わってきますし、周りを混乱させる事もありません。

また災害等のアクシデント等に巻き込まれた時にも妊婦さんが意識を失い倒れていた場合救急隊の方や周囲の人に妊娠している事が分かれば、対処法が変わり赤ちゃんの命を助ける事ができます。

妊娠していると使えないお薬もありますので、つけている事で赤ちゃんの命も守る事ができるものなのです。

マタニティーマークはどこでもらえるの?

マタニティーマークは地域によって多少違いはありますが、住んでいる市町村役場で母子手帳の交付申請をする際にマタニティマークのグッズを無料でもらえることが多いようです。

また、

地域の鉄道会社

でマタニティマークを配布している場合もあるようです。

今は色々な企業が可愛いデザインのマタニティマークを販売しているので、選ぶのも楽しいですね。

ディズニーとコラボしていたり、女性が好きそうな可愛いデザインのマタニティマークが豊富に販売されています。

また、育児系の雑誌付録にもマタニティマークがついているようで、ラインストーンかほどこされていたり、形も可愛いデザインが多く女心をくすぐるものも。

マタニティーマークつけるメリット

体調が安定せずお腹も目立たない事が多い、妊娠初期。

流産の確立が高いのもこの時期です。

一番良いのは、家で安静にしていることですが、それでも家に引きこもる事ができない方もいらっしゃいますよね。

妊娠しても仕事をしている方もいますし、用事で外出しないといけない事もあります。

そんな時にマタニティーマークをつけて外出する事で、具合が悪くなって倒れても周囲を混乱させる事もありませんし、すぐに適切な対応をして助けてもらえる事があります。

赤ちゃんのためにも、お母さんのためにも大切なマタニティマークなのです。

また妊娠中は冷えも気をつけないといけませんし、赤ちゃんが大きくなれば腰や足に負担がかかり、腰痛持ちの方は腰痛が悪化したり、ない方でも腰痛を感じたり足がむくんだりしてくる事もあります。

マタニティマークをつけている事でレストランやカフェでもお店の方が空調に気を遣ってくれたり、座る席もソファー席に座らせてくれたり、クッションを貸して貰えたりするかもしれません。

今はスーパー等の駐車場もお店の入口付近に妊婦さんが車を停めていいスペースが設けられている事が多いです。小さい子供はウロチョロする為にお店近くに駐車できる事は妊婦さんにとってはありがたいですよね!

マタニティーマークデメリット

マタニティマークについて理解している人がまだ少ないため、時には心無い事をする人もいます。

現代では、晩婚化が多く子供に恵まれなかったり、欲しくてもなかなか出来ず苦しんでいる方もいて、マタニティマークを目にすると妊娠してる事を自慢しているように感じてしまい、心無い事をしてしまうのかもしれません。

もちろん危害を加えたら、それは罪になります。

もし何かされたら、しっかりその人の特長、顔を覚えて警察に訴えましょう。

妊婦は弱い立場です。それを弱みに攻撃してくる事はあってはいけない事です。マタニティマークをつける事は、決して自慢ではなく赤ちゃんを守るためのものなのです。

アレンジやハンドメイドで自分だけのマタニティマークを作ろう!

マタニティーマークは役場でもらうシンプルなマタニティマークだけではなく、女性が好む可愛いデザインが沢山あり目移りしてしまうほどです。

しかし、役場等でもらうマタニティマークを使ってアレンジしているママさんも増えているんです。

アレンジだけではなく、自分だけのオリジナルのマタニティマークを手作りで作っているママさんも。

中でも、100均の材料で簡単にアレンジできるロゼット風が人気を集めています。

好きなリボンやビーズ、パール等を使ってお手頃な値段で自分好みのマタニティマークが作れるのが人気の理由。

また、妊娠した方にプレゼントとして作ってあげても喜ばれます。

妊娠する事は嬉しい反面、肉体的、精神的にもバランスを崩しやすく、ストレスを感じる方も多いと思います。

マタニティマークをアレンジする事で作る楽しさとつける楽しさを味わうことができ、マタニティライフの素敵な思い出にもなりますので、おすすめです。

編集後記

マタニティマークのつける本当の意味を理解している方は少ないのかもしれません。

マタニティマークをつけている事でメリット、デメリットがあります。

しかし、赤ちゃんを守る大切な物なので、個人的にはつけてもらいたいです。

そして、マタニティマークをつけてる事で周りに助けられた時には当たり前とは思わずに、感謝する気持ちを忘れないで、素敵なマタニティライフを楽しんでいただきたいです。

-妊婦全般

Copyright© Forever Mam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.