妊婦全般

妊娠中にしておけばよかったことは?先輩ママから学ぶ後悔談

赤ちゃん
まだ○か月あるから・・・なんて言っていたら、あっという間にお腹の赤ちゃんは生まれてきてしまいます。

実質妊婦でいるのは九か月。
妊娠前は一年なんてあっという間だったからと気を許していたら「あの時あれしておけばよかった・・・」と思うことが多く出てきます。

そんな後悔をしないよう妊娠中にやっておけばよかったことをいくつかまとめてみました。

*スポンサーリンク*

先輩ママから学ぶ妊娠中にしておけばよかった後悔談

「もっとマタニティフォトを撮っておけばよかった」
妊娠の経過を撮影する「マタニティフォト」をご存知ですか?
週数や月数でお腹の写真を撮り、お腹の大きさの経過を記録しておくことです。

最近ではお腹に文字や絵を書き、旦那様と写真を撮る人もいるみたいです。
先輩ママさんたちは皆もっと撮っておけばよかった、同じ場所同じ格好で撮ればよかったなどの後悔が多いようです。

「事前に捨てられるものは割り切って捨ててしまえばよかった」
赤ちゃんが退院して自宅に帰ってから「要らないものが多すぎた」と感じたり、「赤ちゃんのためにもっとスペースを作っておけばよかった」と感じる人が多いようです。

確かに捨てられない病の人は特に思うかもしれません。
実は私も帰ってきてから後悔しました。

これから生まれてくる赤ちゃんのためにも割り切って、要らないものは捨ててしまいましょう。

「もっと旦那とデートしておけばよかった」
赤ちゃんが生まれてきたら幼稚園。小学校に上がるまで、夫婦二人で出かけることが少なくなると思います。
妊娠中たくさん出かけて思い出を作っておきたいものですよね。

将来、子どもに「写真ないね」なんて言わせたくなと思います。
私はたくさん出かけたのに写真は全くないので、一番後悔しています・・・。

先輩ママから学ぶ妊娠中やっておいてよかったこと

「赤ちゃんの部屋作りをしておいてよかった」
退院してから部屋作り・・・なんて人はさすがにいないと思いますが、妊娠中に必要なものはすべて揃えて部屋を完成させておきましょう。
また、赤ちゃんが快適に過ごせるようにリビングなどの家具配置を変え、必要なものを増やすのも妊娠中にしておくといいでしょう。

「ベビー用品の下見にいっておいてよかった」
お出かけついでに出先にある西松屋や赤ちゃん本舗などでベビー用品の準備チェクリストをもらってくると便利です。
また、先に揃えられるものは事前に購入しておきましょう。

ギリギリまで性別がわからなくて服などに困る・・・という人は黄色やひよこ柄など男女兼用に使える色や柄の服などを購入しましょう。

「美容院や歯医者に行っておいてよかった」
赤ちゃんが生まれてくると時間がなく、美容院や歯医者に行けなくなることも。
歯医者の場合は母子手帳に記入する場所があるので行くとは思いますが、美容院は本当に行っておいた方がいいです。

出産後、お見舞いにたくさんの方が来てくれると思います。
さすがにそのとき化粧をして髪の毛を整えて・・・なんて身体も万全ではないのにできませんよね。

当分いけないだろうという気持ちでバッサリ切ってしまってもいいと思います。

編集後記

産後、本当にあの時あれしておけば・・・と後悔することが多く出てきます。
途中で私のことも記入しましたが、マタニティフォトと旦那との思い出作りは後悔しています。

マタニティフォト・・・とっておけばよかったです。
出産後、後悔しないためにも妊娠中にいろいろやっておきたいですね。

-妊婦全般

Copyright© Forever Mam , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.