幼児(1~6歳)

チャイルドシートは何歳まで?法律で反則金はある?

チャイルドシート
赤ちゃんが生まれる準備やお子さんの成長に合わせてチャイルドシートを購入する場合、一度購入すると長く使うものですし子供の命を守るものですからどれを購入するか悩んでしまいます。

チャイルドシートの種類も価格もさまざまですし、機能もいろいろあります。
そこで、チャイルドシートの購入をお考えの方のためにチャイルドシートについてお話します。

*スポンサーリンク*

チャイルドシートは何歳から何歳まで?

チャイルドシートは生まれたばかりの赤ちゃんから6歳未満の幼児に対し義務付けられています。
また、大人用のシートベルトは身長140cm以上の方を対象に作られているため、6歳以上でも体が小さいお子さんはチャイルドシートを使用する事を勧めています。

小さなお子さんが大人用のシートベルトを使うと、首にかかったり危険が多いので使用は避けましょう。
さらにチャイルドシートの使用義務違反になると反則金はありませんが、点数が1点付加されます。

チャイルドシートの種類

子供用のカーシートを総称してチャイルドシートと言いまが、チャイルドシートには年齢にあわせて、さまざまな種類があります。

新生児・乳児用ベビーシート

生まれてすぐから1歳頃まで使えるシートで、背もたれが45度くらいの傾斜になっていて進行方向後ろ向きで使用するのが特徴です。
後部座席に設置した場合、運転席から赤ちゃんの様子が見ずらいのが難点ですが、正面衝突の事故を想定して赤ちゃんの安全を考えての後ろ向きですので使用方法を守って使用しましょう。

また、首がすわっていない赤ちゃんでも安全に作られていて、キャリーとして使用できるよう取り外しができるため、寝たまま起こさずに赤ちゃんを移動できるのもママには嬉しい機能です。

幼児用チャイルドシート

9カ月から1歳で使用でき、4歳くらいまで使えます。
進行方向前向きで使用し、車のシートベルトで座席に固定するため、体格が大きくなった幼児でもしっかり安全を守ります。

リクライニング付きで背もたれの角度が変えられるものも多くありますが、物によっては固定した後リクライニングが動かないものもありますので、固定後もリクライニングでき、角度の幅が大きいものがおすすめです。

学童用ジュニアシート

3歳から4歳で使用できるシートで、シート自体は固定せず座席に置くだけで、子供は車のシートベルトを使用します。
固定がないため手軽に使用できるのが特徴ですが、まだきちんとシートベルトを締めて座っていられないお子さんにとっては危険です。

背もたれがあるものと背もたれがない座面だけのものがありますが、座面だけのものはじっとしていられない子供にとって安全性が保たれません。
お友達用や臨時用に使用することをお勧めします。

乳児・幼児兼用シート

新生児から4歳頃まで長い期間使用できるシートです。
日本では人気がありますが、年齢によって付け替えが必要だったり、固定が複雑なのが難点でもあります。

幼児・学童兼用シート

幼児用チャイルドシートと学童兼用ジュニアシートが一緒になったシートで、ハーネスを取り外すことでジュニアシートに変わります。
やや扱いにくいのが難点ですが、長く使用できます。

乳児・幼児・学童兼用シート

新生児から学童期まで、チャイルドシートが必要な時期をすべてまかなえるシートです。
経済的にはお得ですが、チャイルドシートが汚れて最後まで使用できないケースも多いので、実家用などに購入するにはお勧めです。

--スポンサーリンク--

編集後記

チャイルドシートはお子さんの命を守ってくれる大切なアイテムです。
種類や機能、予算や使いやすさなどを考慮し、最適なものをお選びください。

-幼児(1~6歳)

Copyright© Forever Mam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.