出産

立会い出産のいいところや悪いところは?私の体験談

産まれたばかりの赤ちゃん
これから出産を迎えるあなたに。
これだけは知っておきたい「立ち会い出産をするべきかどうか?」についてまとめました。

*スポンサーリンク*

立ち会い出産の良い所(メリット)は?

立ち会い出産をしてみたいと思う女性は多く、旦那さんと二人で赤ちゃんを迎えたいと願っているはずです。
では、立ち会い出産の良いところは、どんなところなのでしょうか。

出産は、一生に一度か二度ほどの希少な体験です(もちろん大所帯の方は別ですが)。
この体験を夫婦二人で共感出来るという事が一番大きいと思います。

母親となる妻が出産直前に思う事は、ここまで我慢してきたのだから後は産むだけだという事ですが、初産の場合は精神的余裕がありません。
陣痛は想像よりも遥かに痛いので、パニックに陥る可能性があります。

陣痛があまりにも痛過ぎて、看護師さんに殴り掛かる人もいるようです。
そんな時、精神的にサポートしてくれるのは旦那さんです。

立ち会い出産に合意してくれた旦那さんはとても共感力があり、素敵だと思います。
この一生に一度の大変な出産を一緒に戦ってくれるのですから、それは心強いと思います。

出産している最中は痛いし、心細いし、どうしていいか分からないので、手を握って励ましてくれる旦那さんがいてくれ、トイレの付き添いや飲み物などの心遣いも言わずともしてくれます。

看護師さんにもサポートしてもらえますが、出産は病気ではないのでちょっと気を使います。
そして、旦那さんと一緒に赤ちゃんを迎えた時に感動を共有出来ます。

将来子供が大きくなって病気や怪我をした場合、あんなに妻が頑張って産んでくれたのだから守ってあげなければいけないという思いも沸き上がる事でしょう。

ただ、母親は出産後すぐに母親になれますが、旦那さんはそうではありません。
母親としてはすぐにでも父親として子供の事を理解して欲しいと望みますが、男性とは経験からしか成長出来ません。

日々成長する子供を一緒に育て、時間を共有してこそ、父親として成長していくのです。
そのためのその第一歩が立ち会い出産だと思います。

立ち会い出産の悪い所(デメリット)は?

出産を経験された方は、口々にこういいます。

エイリアンみたいだと。

自分が出産した瞬間、人間も動物なのだと実感します。

裸になって台に乗せられて、みんなに応援されながらも痛みに耐え、叫ぶ。
この光景は美しくはありません。

また、息んだ際にオナラが出てしまったり、尿や便が出てくることもあります。

立ち会い出産のデメリットはこの美しく無い所です。
男性は女性に対して美を求める生き物ですので、髪を振り乱し叫びながら血まみれになっている妻を見て、倒れる旦那さんも多いといいます。

出産準備のマザークラスでは実際の出産VTRをみんなで鑑賞しますが、この映像を見てあまりのグロテスクさに失神して車イスで運ばれた男性を見た事があります。
男性は元々繊細でロマンチストなので、こういったリアルな映像は耐えられないのでしょう。

女性は男性に可愛く・か弱く見られたいか、あるいはそう見せたいと思っていますが、出産の痛みは強く痛みで可愛く装う余裕がありません。

聞いた事の無い妻の叫び声に危機を感じたり、恐怖を抱いたり、幻滅する旦那さんもとても多いのです。
ですから、旦那さんに一生可愛いと思ってほしい方には立ち会い出産はお勧め出来ません。

妻が女としてのイメージを少しでも残せるように分娩室の外で、母子ともに健康である事を神に祈っていて貰いましょう。

私の立ち会い出産体験談

私が通っていた産婦人科は立ち会っても良いし、立ち会わなくても良いという特色があり、事前の申請が不要でした。

出産前夜、23時頃におしるしがあり、微弱な陣痛が起こりました。

病院に連絡をしたら陣痛が10分間隔になったら来て下さいと言われましたので、その通りにしました。
病院に着いたのは朝7時でした。

朝食をとって陣痛室に入り、看護師さんはきっと今夜出産になりますと宣言されたので、旦那さんは一旦帰宅し私はテレビを見ながらお昼ご飯を食べていました。

そうすると、急にお腹が痛くなり始め、破水して分娩室の台に乗りました。
それから2時間ほどで、あっと言う間に産まれてしまったのです。

看護師さんが旦那さんはどこかしらと探しまわっていましたが、旦那さんは家で立ち会うつもりで待機してくれていたので、電話で「おめでとうございます」と言われた時はとても驚いていました。

忙しい夫婦などは私達のようになかなかタイミング良く出産に立ち会えないという事も分かりました。

今となっては笑い話ですが、予定日よりも早めに陣痛が来てしまったり、病院の連絡が遅れたりで予測不可能な事も起こりえるのだと認識しておくのも大切な心構えだと思います。

編集後記

立会い出産は初産の人は特に不安なため、夫に付いていて欲しいと思う方が多いかと思います。
一方、ネットなどで立会い出産をした旦那さんが妻を女として見れなくなったという相談件数も多く感じられます。

不安な気持ちはよく分かります。
しかしながら、赤ちゃんにとってもストレスを溜めることはよくありません。

「なるようになるさ~」ぐらいの気持ちで出産にのぞみましょう!

-出産

Copyright© Forever Mam , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.