出産

出産費用の相場は?補助金制度などの節約法や入院期間と料金

貯金箱
赤ちゃんが生まれてくるのは楽しみ、でもお金の面が心配・・・なんて人が多いと思います。

「出産にはどのくらいお金がかかるの?」「保険は適用される?」そんな出産費用についてまとめてみました。

*スポンサーリンク*

出産費用の相場は?

出産費用の相場は産院によりさまざまですが、約40万~100万といわれています。
費用の中には分娩費用、入院費用、入院中の食事代、退院までの母子のケアなどが含まれています。

出産できる病院には「個人病院」と「総合病院」があります。

まず、個人病院では約50万かかるといわれています。
個人病院はホテルのような設備がある場合が多く、食事や入院生活を快適に過ごせるようになっています。

また、産後のケアが充実しているので個人病院で出産を希望する人が多いようです。

次に、総合病院では約30万~40万かかるといわれています。
総合病院では妊婦さん向けのサービスが充実していません。

しかしながら、個人病院では対処できない病気や緊急事態になった場合、運ばれるのは総合病院なので初めからその場にいるという安心はあります。

個人病院と総合病院では医療の充実面やサービス面の違いの方が大きく、費用の差はさほどありません。
出産だけ別の病院でというのはなかなか難しいので、初めから費用やサービス面を考えて病院選びをお勧めします。

補助金制度や節約法

・母子手帳についている受診表を利用する
妊娠届を提出すると必ず受診表がもらえます。
受診表は妊婦健診が14回無料になります。

・産休手当
こちらは産休を取っている方のみになりますが、産休手当がもらえます。
いただいていたお給料の2/3も支給されます。

・出産一時金
保険に入っている方で妊娠4か月以降の出産で一時金が支給されます。
最大42万の支給があり、ほとんどの方が出産費用をこれで賄えます(産科医療保障制度に参加していない産院の場合は39万)。

・高額療養費
1か月の医療費が自己負担額を超えた場合に適用されます。

・必要なものだけを購入する
赤ちゃん用品などお金をかけたくなってしまいがちですが、知り合いのお古とかでもいいんです。
子どもの成長は早いのですぐに使えなくなってしまったり着れなくなってしまいます。

最低限必要なものだけをそろえて、もらえるものはもらいましょう!

入院期間やそれにかかる費用

入院期間は産院によってバラバラですが、自然分娩で5日(出産日を入れて6日)、帝王切開で7日(出産日を入れて8日)です。

入院中は特にお金はかかりませんが、総合病院ならテレビなどのカード購入するところもあると思うのでそのような細かなものはあると思います。

入院中は育児の先輩から学ぶことが多いので、毎日の育児指導に集中しましょう。
入院期間中はお金のことを忘れて、これから必要になる知識習得とお母さんの体調回復に専念するといいですよ。

編集後記

私の場合、市民病院での出産でした。
個人病院より断然安く、一時金支給額に全然達していなかったので残りのお金を帰宅後申請し支給してもらいました。

上記でも記載した通り、総合病院と個人病院では全く設備が違います。
今では個人病院で出産したかったと後悔しているくらいなので、病院選びは真剣に考えることをオススメします。

-出産

Copyright© Forever Mam , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.