妊娠超初期(~3週)

妊娠超初期の腹痛期間は?生理痛との違いや流産の可能性

妊婦
もしかして妊娠?!
生理前の腹痛と間違いやすい妊娠超初期(0週~3週目)のお腹の痛みをまとめてみました。

*スポンサーリンク*

生理中のお腹の痛みとの見分け方は?

妊娠超初期の下腹部痛の感じ方は人それぞれ生理中の腹痛と間違いやすいものです。
生理予定日が近づくと腹痛がでてきて「もうすぐ生理がくる」と感じる人が多いと思います。

下腹部痛はもちろんただの生理の場合でも起こります。
しかしながら、妊娠超初期の下腹部痛は

・重い鈍痛
・下腹部全体の痛み
・腰痛や胸の張りもある
・風邪かな?と思うほどの体温が高い日が長く続く
・足の付け根が痛む

などいつもの生理前の下腹部痛とは少し違った症状も現れます。

もちろん全く腹痛を感じず、検査してみたら妊娠していたということもよくあることです。

『生理が来ないけど、妊娠超初期症状に当てはまらないから妊娠ではない』
と安易な考えをしてほったらかしにするのは危険です。

身に覚えのある行為がある場合は念のために妊娠検査薬を使用したり、お近くの産婦人科にかかることをオススメいたします。

妊娠超初期の腹痛期間は?

妊娠超初期の腹痛は早い人で着床してすぐに始まります。
遅くても生理予定日一週間前から始まり、生理予定日を超えて約1ヶ月すると痛みが和らいでいきます。

妊娠超初期の下腹部痛の期間としては1日だけという方や、1週間~1ヶ月以上続いたという方など様々です。

妊娠超初期はホルモンバランスの影響で腹痛が生じるため、腹痛があっても問題はありません。

しかしながら、流産など緊急を要する可能性もあります。
痛みの種類が急に変わった、出血したなどの場合にはかかりつけの産婦人科にかかりましょう。

痛みを感じた時の対処法は?

上記に記したとおり、下腹部痛は次第になくなります。
下腹部痛は身体が変化しようとしている証拠です。心配することはありません、安心してください。

妊娠超初期でまだ妊娠確定ではない場合でも可能性があるのであれば、はっきりと分かるまではご自身の身体を労わって生活していただくことをお勧めします。

・重い荷物を持たない
・お腹に力を入れない
・過激な運動(お腹を刺激するようなもの)はしない
・ストレス、疲れをためない
・性行為を控える

普段の生活から負担軽減のために旦那様の協力も必要です。
買い物などは一人で行かず旦那様やご両親などとご一緒に。

それでも下腹部痛が長引く、強い痛みを感じる場合はすぐに受診をしてください。

編集後記

私も初期の頃はとにかく流産などが心配でお腹が少しでも痛いと大丈夫かなと毎日のように不安でした。
お医者様に「心配ばかりしていると不安がストレスに変わってしまう方がだめだ」と言われてからあまり気にしないようにしました。

不安になることを知っていた旦那もコロッと変わり、お買い物は絶対一緒で荷物も旦那、家事も手伝い優しくしてくれました。おかげで初期は何事もなく過ごせたのでやはり旦那様の協力は大切です!

初めての妊娠だとわからないことだらけでネットの情報に頼りっぱなし。

検索すればするほど悪い情報が目に入ってしまいがちです。
何かあればすぐかかりつけの産婦人科に電話して質問してみるのも不安解消の一つの手口です。

-妊娠超初期(~3週)

Copyright© Forever Mam , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.